私たちについて

  • TOP
  • 私たちについて

あいち・なごや
エアロスペースコンソーシアムの
ミッション

『あいち・なごやエアロスペースコンソーシアム』(ANAC)は、
愛知県内の航空宇宙産業に関する様々な支援機関が連携し、
地域一体となって協力することで、
愛知県における航空宇宙産業の継続的な発展を目指しています。

沿革

2018.08 国内外の展示会・商談会への出展支援や、海外行政機関やクラスター団体と連携した企業の交流やマッチング機会の提供、海外の航空宇宙産業界における「あいち・なごや」地域の知名度向上を行うため、愛知県が主導して名古屋市やC-ASTECを始めとした地域の支援機関等と「あいち・なごや航空宇宙産業海外販路開拓推進コンソーシアム」を設立。
2019.09 航空宇宙産業関係の学科等を持つ名古屋大学と中部大学が参画したことを契機に「あいち・なごやエアロスペースコンソーシアム」に名称を変更。販路開拓のみならず、県内大学と連携した人材育成や高校生向けインターンシップを始め、地域の航空宇宙産業を総合的に推進するための様々なプログラムを実施する団体に組織変更。
2020.03 愛知県立大学がコンソーシアムに参画
2020.12 カナダのエアロモントリオールと連携・協力に関するMOU(覚書)を締結
2021.03 小牧市がコンソーシアムに参画

サポート内容

01

講演会やセミナーの開催を
始めとした業界情報の提供

航空宇宙産業における最新の業界情報や、空飛ぶクルマや水素航空機などの新技術の情報に加えて、宇宙産業への参入を促進するため、人工衛星の開発や宇宙利用サービス等の宇宙産業の最新動向に関する情報を提供するセミナーを開催しています。

02

国内外の業界関係者との
交流機会の提供

展示会・商談会において、国内外の業界関係者を集めたネットワーキングイベントを実施し、新たなビジネスを獲得する機会の提供を行っています。

03

展示会・商談会等への出展支援を
始めとした販路開拓支援

国内外の国際的なビジネス商談会や展示会への継続的な出展支援により、販路開拓を支援すると共に、受注獲得を支援するためのマッチング支援を実施しています。

04

人材の育成・確保支援

航空宇宙産業に関わる人材の各階層に応じた各種講座や、航空宇宙産業に特化した高校生向けのインターンシップを実施し、人材育成・確保の支援を行っています。

05

航空宇宙産業への新規参入支援

他産業から航空宇宙産業への参入に取り組む企業に対し、航空宇宙産業の専門家を派遣して、体制整備をサポートするとともに、航空機固有の認証(Nadcap、JISQ9100等)の円滑な取得・運用を促進するため、助言・指導を行う専門家派遣を行っています。

06

研究開発支援

研究開発が活発に行われる地域を目指し、研究開発をサポートするとともに、国内外の企業・大学による共同研究開発を促進するため、産学連携機会の提供を行っています。

07

専門家によるコンサルティングを
始めとした各種支援

販路開拓に向け、航空宇宙産業ビジネスに精通した専門家による、企業コンサルティングや国内外の国際的なビジネス商談会や展示会における商談支援を行うと共に、生産性向上などの競争力強化や経営改善のための専門家派遣を実施しています。

08

海外の行政機関やクラスター団体等
との連携関係構築

ANAC構成機関の海外チャネルを最大限活用し、エアバス本拠地のある仏オクシタニー地域圏政府等の海外行政機関やフランスのエアロスペースバレー、ドイツのハンブルグアビエーション、カナダのエアロモントリオール等の有力クラスター団体と、定期的にミーティングを実施し、イベントの相互招待、共同イベント・企業マッチング・情報収集発信を実施しています。

09

航空宇宙産業界におけるあいち・なごや
地域の国際的なプレゼンス向上

航空宇宙産業界における「あいち・なごや」のブランド化に取り組み、国内外展示会において「あいち・なごや」地域企業の皆様が販路開拓を行いやすい環境づくりを目指しています。

愛知県について

愛知県の主要産業製造品出荷額

日本1位

自動車

25.6

兆円

トヨタ自動車、デンソー、アイシン精機、三菱自動車工業

日本1位

素材

4.5

兆円

鉄鋼、ゴム製品、プラスチック

日本1位

生産用機械

2.3

兆円

ヤマザキマザック、オークマ、DMG森精機、
ジェイテクト

愛知県の航空宇宙産業

愛知県を中心とした中部地域の航空宇宙産業

製造品出荷額等

7,796

億円

日本におけるシェア

48.3

%

航空関係企業数

196

航空関係従業員数

13,932

完成機メーカー

Mitsubishi
SpaceJet

の開発・最終組立

B787の分担率

35

%

の大部分を製造

日本の基幹ロケット

H-IIA,
H-IIB&H3